鈴木エイト・ジャニーズ会見NG記者の理由は?Xの発言が原因?

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

10月2日にジャニーズ事務所が行った会見で、質問を当ててはいけない記者、【NG記者リスト】が用意されていたそうです。

そのリストには、6名の記者の名前と所属先、さらに顔写真までも用意されていました。

今回は、NG記者リストの1人、鈴木エイトさんに注目しました。

・鈴木エイトがNGリストに載ったのはなぜ?

・鈴木エイトってどんな人物?

こちらについて調べてみました。

目次

鈴木エイト・ジャニーズ会見NG記者リスト入りの理由は?

引用:Yahoo!ニュース(ジャニーズ記者会見)

今回のジャニーズ会見の【NG記者リスト】に記載されていた6名はこの方々です。

NG記者リスト
  • 尾形聡彦/Ark Times
  • 望月衣望子/Ark Times
  • 本間 龍/一月万冊
  • 佐藤 章/一月万冊
  • 松谷創一郎/TRICK FISH
  • 鈴木エイト/フリーランス
スポンサーリンク

鈴木エイトさんがNG記者リストに上がった理由はなぜでしょう?

会見で手をあげる、鈴木エイトさん。

引用:東スポ WEB

鈴木エイト・NG記者リストなぜ?

作成されたリストです。

引用:鈴木エイト X
引用:鈴木エイト X

はっきりと、指名NG記者リスト とありますね。

鈴木エイト・NG記者の理由は「X」での発言?

鈴木エイトさんがご自身で理由について語っています。

鈴木氏は、自身がNGリストに載っていることについて「僕は会見の前とかのX(旧ツイッター)上で、被害補償の面で事務所を辞めざるを得なかった、ほかの事務所に移籍することもかなわなかった若いタレントさんたちの遺失利益、本来活躍していれば得られていたであろう利益、そこを算定すべきではないかということを書いていたんですね。

もしそれを見ていて、こういう質問をされたくなかったんだとしたら、こういうリストに入った可能性もあるのかなと思いますね」と推察していた。

引用:Yahoo!ニュース
引用:鈴木エイト X

過去の「X」での発言です。

過去の性被害に対する保証だけではなく、退所せずにタレントやアイドルを現役で続けていた場合、どのくらい稼ぐことができたか?

そこも算定する必要があるのでは?

引用:鈴木エイト X

もしこのような発言が原因だったとしたら、ジャニーズ事務所は膨大な金額の補償が発生するため、質問されたくなかったのではないでしょうか?

鈴木エイトさんは、2日の会見では手を挙げ続け「司会者と何度も目が合った」というが、最後まで質問のマイクは回ってこなかった。

NG記者リストが原因と考えられますね。

鈴木エイトさんは、「今回NGリストに名前があった記者6人には、納得できる回答をするまで、会見でまず順番に指名するべきなんじゃないかと思います」

きちんと公平に会見で質問できるようにすべきですね。

スポンサーリンク

鈴木エイト・どんな人物?!

鈴木エイトさんはジャーナリストですが、どのような方なのでしょうか。

引用: X

■名前:鈴木エイト(本名ではない可能性あり)

■生年月日:1968年(54 - 55歳)

■出身:滋賀県

■大学:日本大学卒業

■略歴

・2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表、主筆を歴任。

・2011年よりジャーナリスト活動を始め、「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」に寄稿。

・宗教と政治というテーマのほかに宗教二世問題や反ワクチン問題を取材しトークイベントの主催も行う。

■共著

『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩選書)、『日本を壊した安倍政権』(扶桑社)

なんと身長は180cmと高身長だそうです。

統一教会などの宗教問題に取り組んでいるため、身に危険が及ばないよう、本名は公開していないそうです。

統一教会に指名手配とは?!

かつて、鈴木エイトさんが統一教会から「指名手配」されたことがあるそうです。

引用: X

宗教勧誘など、長年取材していて、統一教会側から「要注意人物」とされたそうです。

まとめ

今回のジャニーズ会見の「NG記者リスト」についてまとめてみました。

会見の進行企画は、外資系PR社「FTIコンサルティング」が行い、リストの作成も認めました。

会見に参加していない、ジャーナリストからも、今回の会見の進行やルールには、疑問の声が上がっていました。

会見のやり直しの声も上がっていましたので、再度の会見があるかもしれないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次