池田純矢は鬱病だった?!Xが意味深過ぎる!再発していた?全文紹介!!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

2023年10月30日、俳優で声優でもある池田純矢さんが特殊先の受け子をしていたとして、逮捕されたと報道されました。

衝撃のニュースにファンのみならず、世間で大変話題になっています。

また池田純矢容疑者が、2023年8月と9月、Xに意味深長文をツイートしていたと話題です。

・意味深ツイートはどんな内容・全文紹介

・鬱病が再発していた?

こちらについて調べてみました。

目次

池田純矢は鬱病だった?!Xが意味深で長文過ぎる?

引用:X

2023年8月29日のX

池田純矢容疑者は、スーパー戦隊『海賊戦隊ゴーカイジャー』やスマートフォンゲーム『あんさんぶるスターズ!』などの出演で知られています。

しかし、今年の夏、Xで異変があったようです。

2023年8月29日

いつまでも逃げてちゃダメだなって、ようやく思い立てまして。 自分の言葉で、出来る限り話そうと思います。

まず第一に、舞台を楽しみにしていてくださった全ての皆さま、それはお客様に限らず、俳優陣もスタッフ陣も、関わる全ての、錚々たる歴史ある、大御恩のある作品に対して、本当に申し訳ございませんでした。

自分を過信しすぎていた事が全ての原因です。初日を迎える前に全ての体力を使い尽くしてしまったのです。

本当に、プロにあるまじき恥ずべき姿だと、これは一生こころに刻んで生きようと思います。 代わりを務めて下さった荒井さん、並びに共演者の皆様、スタッフの皆様、作品を観ることは叶いませんでしたが、素晴らしい舞台だったと聞き及んでおります。

それなのに自分は正直なところ、心身ともにショックが強く、これまでなんの発信もできずにいた事、お許しくだされば幸いです。

また一から、ゼロからのつもりで俳優と言うものに、お客様に届けるエンターテイメントと言うものに、敬意をもって、決して軽はずみに考えず、ひとつひとつ、目の前にある作品に改めて向き合い、こつこつと一生懸命頑張る事、それしか自分にできる事はありません。

こんな自分ではありますが、まだお客様に何かを届けられる表現者でありたいと、そう思っています。

池田純矢 追進、ずっと聞けなかった、聞く資格ないと思っていたsuper space star⭐︎をさっきやっとの思いで聴いて、そしたら彼は僕よりも僕のことをよく知ってるみたいで、強くて優しくて、キラキラしてて、この文を書く勇気をくれました。ありがとう。

池田純矢さんは、8月、体調不良の為舞台を降板しました。

そのときの思いをXにツイートしたものです。

並々ならぬ舞台への思いがあふれていますね。

スポンサーリンク

2023年9月7日のX

最初のツイートからすぐに、2回目の長文ツイートです。

2023年9月7日

人生最大の弱音を吐きます。 今から書く言葉は誰に許可を求める訳でもなく、僕個人の自分勝手な言葉です。

らずっと生きてきました。 それはある意味、本心という物に必死に蓋をして生きてきたのだと思います。

俳優を生業として17年、文字にするとたった3文字だけど、この3文字の中には数えきれない出逢いと別れ、失敗と成功、躓きと挫折、だけど喜びと愛…色んな物が詰まってます。

14歳でデビューしてから一人で暮らし、中学にも行かず一心不乱に役者業を邁進してきました。

皆んなが思春期に経験する殆どの事をすっ飛ばして、大人の中で生きてきました。

価値がなければ必要とされない、才能がなければ淘汰される、そんな荒波を息継ぎの仕方も知らないままここまで来ました。 全てを許して手を差し伸べてくれる家族も僕にはいない。

誰も助けてくれないなら、自分で何とかするしかなかった。 そうして虚勢を張って、狡賢く、狡猾に生きる事を覚えました。 それは生きやすい環境を手に入れる反面、淡々と自分を殺す作業だったのだと思います。

で、遂にガタがきたんだなって。 本当の自分って何だろう?友達と笑って恋人と愛し合って、うん…で、君は誰?何処に居るのが本当の僕なんだろう?ずっとそんな疑問が宙に舞うばかり。

でも役を演じている時だけはそれを忘れられた。自分じゃ無い何者かになる事で、自分が何者であるかという事から目を逸らした。 いま僕は人生のどん底にいます。真っ暗闇で、星のひとつも見えない混沌の中にいます。

役を生きる事でしか生を感じられなかった壊れた僕は、役を取り上げられたらただの壊れたガラクタでしかなかった。 プライベートもぐっちゃぐちゃに拗れて、手に入れたと思った安息は、逆にこの首をこれでもかと絞めてくる。

信じた物に、心から捧げた事に、死ねと言われるような毎日。

これが代償だと言うのなら、僕は一体どれだけの罪を重ねたんだろう。 よし、あっちへ行くか。と思った事は数え切れないほど沢山ある。実行した事も。

だけど、だけどね、もう少しだけ生きていたいんです。いや、違うな。怖いんだ。

悲しむ素振りをして、でも3日と経てば元通り、何事もなかったように世界が廻るのが怖くて怖くて仕方ない。

誰かに必要とされたい。必要とされながら死んでいきたい。忘れないで欲しい。

途中で投げ出すのは簡単だけど、諦め切れない自分がいる。諦めないでと言ってくれる人がいる。

だから、もう少しだけ頑張ってみようと思うのだけれど、足がすくんでしまって今までのように上手に歩けない。

でもそれでいいんだって、下手くそでも、笑われても、これからは自分の足で歩いていきたい。

だから、一生のお願いです。僕にもう一度足を踏み出す勇気をください。

どんな言葉でもいい、あなたからのお手紙を頂けませんか? SNSの無機質な点と線で出来た言葉じゃなくて、あなたのその手で、その心で紡いだ僕だけのお手紙が読みたい。

多分、きっと、それで前に進めると思うんです。分からないけど。そんな気がするんです。

それで、死ぬほど泣いて、枯れるまで泣いて、もう一粒も零れないくらい泣いたら、明日から生まれ変わって、ありのままで生きていく…そうなれれば幸せだなって、そう思うんです。

まとまりのない長文を読んでくれてありがとう。僕の存在に触れてくれてありがとう。僕も、誰かの存在を確かめる何かでありたい。これからも。

かなり長文な上に、何かあったのではないかと思うほど、メンタル的に不安定な様子がうかがえますね。

池田純矢容疑者のプロフィールです。

引用:旧所属事務所より
スポンサーリンク

池田純矢は鬱病が再発していた?!

信じた物に、心から捧げた事に、死ねと言われるような毎日。

一体なにがあったのでしょうか?

9月のXのツイートはファンの方々からかなりの数のコメントが届いていました。

みなさん、様子をみて休息を促すコメントや、温かいコメントでいっぱいでした。

しかし、今回犯罪行為を行って、逮捕されました。

スポンサーリンク

2年前に鬱病を告白

池田純矢容疑者は、新しい舞台のインタビューの際、2年前に鬱病を発症していたことを告白しました。

池田は「人生のターニングポイントが2年ぐらい前にあった」とし、「うつ病になった」と告白した。

新型コロナの影響で2020年に予定していた「エン*ゲキ」シリーズの前作『-4D-imetor』が公演中止(21年に実現)となるなど、プライベート含め「いろんなことがあった」と語った。

「死のうかなと、ウソじゃなくその思いがあった」と吐露した。

かなり重い症状だったのがうかがえます。

スポンサーリンク

2022年10月のX

完治したわけでは無く、今もすぐ側にいると言う表現をしていますね。

動機との関係は?

今後については、事務所や警察からの発表があるまでは、不明ですね。

確かに、あの長文は通常のメンタルではなく、不安定な時に書いたものでしょう。

つまり、鬱病で不安定だったため、犯罪行為を行ったのでしょうか?

どんな理由があっても許される行為ではありません!

スポンサーリンク

まとめ

池田純矢容疑者は逮捕されました。

なぜそのような詐欺に加担したのでしょうか?

お金に困っていたから?誰かに頼まれたから?

代表作の『ゴーカイジャー』ゴーカイシルバー役や『マジェプリ』スルガ役など、仕事にも恵まれていたのではないでしょうか。

舞台の脚本や演出も行うそうです。

今は、事実の解明が求められていますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次