新空港占拠・武蔵裕子の過去の罪は?考察3つ!!患者を死なせた?オペ失敗?!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

ドラマ「新空港占拠」の第7話が終わり、いよいよドラマも佳境に入ってきました。

獣の鼠「新見大河」が、櫻井翔さん演じる武蔵刑事の妻で、医師の「武蔵裕子」が罪を犯していると告げます。

・武蔵裕子の犯した罪とは何か?

・鼠との関係は?

こちらについて調べてみました。

目次

新空港占拠・武蔵裕子の過去の罪・考察3つ

新見大河:お前は、俺の愛する人を殺したんだ
     武蔵裕子は1年前に罪を犯した、その罪を夜明けまでに突き止めろ

武蔵裕子の犯した罪は何なのか。

考察してみました。

考察①オペの順番を変更して処置が遅かった

一番考えられるのは、オペの順番を変更したことによって、新見大河の愛する人が命を落とした。

第1話の後半、武蔵裕子の病院でのやりとりがありました。

引用:Tver

武蔵裕子は「毎回同じことを・・・」と部長に訴えます。

何度か「オペの順番を変える」ということがあったということですね。

オペの順番を変えた為、処置が遅くなり間に合わなかった患者がいた。

考察②オペ失敗

過去に新見大河の愛する人の手術を武蔵裕子が担当した。

助かるはずだった命が助からなかった。

部長も言っていますが、武蔵裕子医師は、名医と言われています。

オペの失敗は可能性は低いですね。

医療ミスの可能性は低いけれど、新見大河側からすると、「医療ミス」の為、亡くなってしまったと思っている。

考察③オペをしなかった

オペの順番を変えた場合と近いのですが、順番を変えたことによって、オペをする前に命を落としてしまった。

順番を変えなければ、助かっていたかもしれない。

この場合、武蔵裕子はオペをする前のため、直接的に患者のことを把握していない可能性がありますね。

オフショットで仲よさそうな様子を見ると、ほっとしますね笑

新空港占拠・武蔵裕子と鼠「大河」の関係は?

新見大河の発言から

武蔵裕子を恨んでいるが、命を奪いたいだけではない。

新見大河の主張

・武蔵裕子は1年前に罪を犯した。

・武蔵裕子は、「俺の愛する人を殺した。」

しかし、警察官「綾部朔」から武蔵裕子を守る姿もありました。

新見大河は武蔵裕子に恨みはあるけれど、その恨みにも深い理由があることが分かります。

死んでしまえばいいと思っているなら、警察官から守ることもしなかったでしょう。

まとめ

獣・鼠の正体は謎の男・「新見大河」でした。

新見大河は、自ら命を絶った「新見百花」の弟です。

姉にたいして「愛する人」という表現をするのか、少しひっかかります。

または、別の「愛する人」がいたのか・・・

次回、ドラマのストーリーは大きく動き出しそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次