『すずめの戸締り』聖地巡礼愛媛の舞台はどこ?地元民が徹底調査!!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

11月11日に全国公開された、新海誠監督最新作『すずめの戸締り』で、日本各地が舞台として登場します。

舞台となった、新神戸、愛媛、九州、大分などが話題になっています。

今回は、その愛媛で描かれている舞台を地元民が調査しました!

今回は

・映画で描かれている場所は愛媛県のどこなのか?

・実在するのか、架空の場所なのか?

・聖地巡礼可能な場所なのか?観光地?

などについて徹底調査しました!

引用:Yahoo!シネマより
目次

すずめの戸締まり聖地愛媛①すずめが到着したフェリーターミナルは取り壊し?!

すずめと草太が宮崎からフェリーに乗って到着した場所は、愛媛県八幡浜市(やわたはま)のフェリーターミナルです。

八幡浜港フェリーターミナルは、今年新ターミナルができた為、映画で登場した旧ターミナルは、解体工事中でした。

現在、建物の3割ほどは残っているとのことですが、耐震性の問題もあり、取り壊しは決まっていたそうです。

市の関係者もこの時期の取り壊しはもったいない気がするが・・・と残念がっているそうです。

今ならまだギリギリ間に合いそうです!(11月13日現在)

今後、取り壊されるのか、もしくは一部保存になるのか市としても観光客に向けて何かしら取り組む予定ということでした。

八幡浜市役所は、市の公式インスタグラムで映画のワンシーンを再現した写真を早速投稿してました。

椅子も手作りだそうです。

引用:八ちゃんねる【愛媛県八幡浜市役所】インスタグラムより

本当に映画の中から抜け出してきたようですね!

ファンとしては、ぜひ同じ場所で同じポーズで撮りたいですよね!

すずめの戸締まり聖地愛媛②すずめが乗船したフェリーは「おれんじ四国」がモデル?

すずめが乗ったフェリーは、実在するフェリー「おれんじ四国」がモデルになってます。


九州、四国を結ぶ「九四フェリー」です。

実際には、臼杵港(大分県)→八幡浜港(愛媛県)を結ぶフェリーです。宮崎からフェリーは出ていません。

「九四フェリー」の公式サイトでも、度々映画についてツイートしていて、

今、映画を鑑賞すると、フェリー乗船が割引になるというお知らせがありました。

写真と見比べてもモデルになってること間違いなさそうです!

九州から聖地巡りする際に、ぜひおれんじフェリーに乗船してみたいですね。

すずめの戸締まり聖地愛媛③すずめが電車に乗った駅は実在するのか?

すずめが電車に乗った駅は、おそらくJR八幡浜駅です。駅構内の構図が全く同じです。

CMの予告動画で気が付いた方もいたそうで、みなさんすごいです!

JR予讃線で八幡浜駅から松山方面に向かったと思われます。

ちなみに、ぬこ駅長の場面は、JR伊予大洲駅ですね。ダイジンと一緒に写っていた電車はキハ54形という型だそうです。

また、途中のJR予讃線下灘駅でダイジンが目撃されてます。

下灘駅は夕日と海に一番近い駅として人気の映えスポットです。

撮影:管理人
撮影:管理人

すずめの戸締まり聖地愛媛④お城と電車と橋の場所はどこ?

とっても印象的なシーン。

八幡浜から松山へ電車で移動するときに、「大洲市」(おおず)を通過します。

こちらは、大洲市の肱川にかかる橋でJRの肱川橋梁(全長269m)が架かっています。

この景色は地元では有名な場所で、映画の中でも美しいシーンになってます。

大洲市は愛媛の小京都と呼ばれる、落ち着いた風情のある小さな街です。

ぜひ、レトロな街並みも観光してほしいです。

すずめの戸締まり聖地愛媛⑤まとめ

聖地巡礼はファンにとっては楽しみのひとつ!

ストーリーを追って九州からフェリーに乗って、八幡浜港までいってみたいですね。

しかし、公式サイトからもお知らせがあるように、そこには地元の方々が暮らす日常があります。

聖地巡礼時は、くれぐれもマナーには気を付けたいですね。

愛媛編でした。また、情報がありましたら、随時更新予定です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次